きょうを照らす、ことばの灯り

第2回京都文学賞(令和2年度)
作品・読者選考委員募集

第2回京都文学賞の実施に向けて

 「世界文化自由都市宣言」40周年を契機に、文学の更なる振興とともに、京都の歴史と幅広い魅力の再認識、「文化都市・京都」の更なる発信につなげるため、昨年4月、京都文学賞は創設されました。第1回募集では、一般・中高生・海外の3部門で計537点の作品、定員40名に対し87名の読者選考委員の御応募を頂き、一次、二次、最終選考を経て、一般・中高生部門の受賞作各2作品及び海外部門の奨励作2作品が選定されました。一般部門の受賞作2作品は協力出版社からの刊行が予定されています。
 今回も、本募集要項により、「京都」を題材とする小説と選考に参画いただく読者選考委員を募集します。
 大きな困難に直面するいま、これまでの枠にとらわれない、皆様の「京都」を描いた物語をお寄せください。ことばの力で、新たな希望のあかりを灯すような作品を心からお待ちしています。

新着情報 新着情報一覧 >

第2回京都⽂学賞(令和2年度)
作品・読者選考委員募集はこちら

第1回京都文学賞についてはこちら 第1回中高生部門受賞作・海外部門奨励作はこちら

TOP