グレゴリー・ケズナジャットさんの「群像Web」でのエッセイ連載が更新されました!

第2回京都文学賞一般・海外部門最優秀賞受賞者のグレゴリー・ケズナジャットさんが「群像Web」で連載しているエッセイ「物語を探しに」が更新されました!

「物語を探しに」第14回「小浜へ」はこちらから読むことができます。ぜひご覧ください!

グレゴリー・ケズナジャットさんのコラムが読売新聞オンラインに掲載!

第2回京都文学賞一般・海外部門最優秀賞受賞者のグレゴリー・ケズナジャットさんのコラムが読売新聞オンラインに掲載されています!

コラムはこちらから読むことができます。ぜひご覧ください!

グレゴリー・ケズナジャットさんが「夏の文学教室」にて講演されます!

第2回京都文学賞一般・海外部門最優秀賞受賞者のグレゴリー・ケズナジャットさんが、8月3日(土)に「夏の文学教室」にて講演をされます!

プログラムや申込方法の詳細はこちら

【開催概要】

第59回 夏の文学教室「異文化を問いなおす-ことばの冒険、ちがいの発見」

・主催:日本近代文学館

・会期:令和6年7月29日(月)~8月3日(土)

・場所:有楽町よみうりホール(東京都千代田区有楽町1-11-1 読売会館7階)

<グレゴリー・ケズナジャットさんの講演>

・日時:令和6年8月3日(土)午後2時~2時50分

・講演内容:越境者との遭遇

佐藤ゆき乃さんの「みんなのミシマガジン」での連載が更新されました!

第3回京都文学賞一般部門最優秀賞受賞者の佐藤ゆき乃さんが「みんなのミシマガジン」で連載している「一晩でなんとかなりすぎる」が更新されました!

第3回「シークレットモードを続行しますか?」はこちらから読むことができます。ぜひご覧ください!

第5回京都文学賞 作品及び読者選考委員の募集要項を発表!

第5回京都文学賞の作品及び読者選考委員について、8月1日(木)から募集を開始します! 詳細はこちら

京都文学賞は「一般」「中高生」「海外」の3部門を設けており、京都を題材とする「小説」であれば、ジャンルを問わずにご応募いただけます。一般部門最優秀賞は、賞金100万円のほか、受賞作の出版化を目指します。

また、最終選考委員に、前回に引き続き、いしいしんじさん(作家)、校條剛さん(作家・評論家)に務めていただくとともに、新たに西加奈子さん(作家)にご就任いただきます!

【作品 募集期間】
令和6年8月1日(木)~令和7年5月9日(金)
※ 郵送の場合は、5月9日(金)消印有効。ホームページの応募フォームの場合は、5月9日(金)午後8時まで。

【読者選考委員 募集期間】
令和6年8月1日(木)~令和7年1月31日(金)
※ 郵送の場合は、1月31日(金)消印有効。ホームページの応募フォームの場合は、1月31日(金)午後8時まで。

募集要項(作品・読者選考委員)

報道発表資料

「世界文化自由都市・京都」から、次に作品を送り出すのは、あなたかもしれません。まずは、あなたが思い描く京都をひとつの言葉や文章にしてください。それは、あなたにしか書けない物語の大切な種となり、いつか大きな花が咲くはずです。

じっくりと紡がれた新しい「京都」の物語を心からお待ちしています。

グレゴリー・ケズナジャットさんの「群像Web」でのエッセイ連載が更新されました!

第2回京都文学賞一般・海外部門最優秀賞受賞者のグレゴリー・ケズナジャットさんが「群像Web」で連載しているエッセイ「物語を探しに」が更新されました!

「物語を探しに」第13回「大陸の果て」はこちらから読むことができます。ぜひご覧ください!

佐藤ゆき乃さんの「みんなのミシマガジン」での連載が更新されました!

第3回京都文学賞一般部門最優秀賞受賞者の佐藤ゆき乃さんが「みんなのミシマガジン」で連載している「一晩でなんとかなりすぎる」が更新されました!

第2回「おめでたいバカだと思われたくない」はこちらから読むことができます。ぜひご覧ください!

グレゴリー・ケズナジャットさんの「群像Web」でのエッセイ連載が更新されました!

第2回京都文学賞一般・海外部門最優秀賞受賞者のグレゴリー・ケズナジャットさんが「群像Web」で連載しているエッセイ「物語を探しに」が更新されました!

「物語を探しに」第12回「文学散策」はこちらから読むことができます。

松下隆一さんの短編小説『紅雨』が『読楽2024年5月号』に掲載!

第1回京都文学賞一般部門最優秀賞受賞者で、第26回大藪春彦賞を受賞された松下隆一さんの短編小説『紅雨(こうう)』が、徳間書店の『読楽2024年5月号』(電子書籍)に掲載されています。

大藪春彦賞受賞記念の特別読み切りですので、ぜひお読みください!

詳細はこちらをご覧ください。

佐藤ゆき乃さんの連載が「みんなのミシマガジン」でスタート!

第3回京都文学賞一般部門最優秀賞受賞者の佐藤ゆき乃さんが、ミシマ社が運営するウェブ雑誌「みんなのミシマガジン」で、連載「一晩でなんとかなりすぎる」をスタートされました!

第1回「この世がでっかい競馬場すぎる」はこちらから読むことができます。ぜひご覧ください!

TOP