第2回京都文学賞 選考結果発表

読者選考委員40名による二次選考を行い、36作品(一般部門24作品、中高生部門10作品、海外部門2作品)から11作品(一般部門6作品、中高生部門4作品、海外部門1作品)を選定しました。
※全国から48名の応募があり、10名を新任。第1回からの再任30名と合わせ40名を選定

二次選考通過作品 ※順不同

1. ⼀般部門(6作品←24作品←283作品 ※1

【作品名】 【ジャンル】※2 【作者名】
凶都夜話 純文学 東 賢次郎(ひがし けんじろう)
鬼灯 純文学 家野 未知代(いえの みちよ)
祇園の矜持――モルガンお雪 時代 辺見 鵜映(へんみ うえい)
鴨川の水面に光るのは 恋愛 小柳 佳南子(こやなぎ かなこ)
ふくげん屋 恋愛 益田 昌(ますだ しょう)
つじもり SF 丸本 暖(まるもと だん)

2. 中高生部門(4作品←10作品←42作品 ※1

【作品名】 【ジャンル】※2 【作者名】
カタストロフ 恋愛 大鹿 日向(おおしか ひゅうが)
鴨川の詩 青春 足立 真奈(あだち まな)
天橋立 股のぞき ミステリー 佐藤 桜(さとう さくら)
ミステリー 山下 桂史(やました けいし)

3. 海外部門(1作品←2作品←6作品 ※1

【作品名】 【ジャンル】※2 【作者名】
鴨川ランナー 純文学 グレゴリー・ケズナジャット

※1 ⼆次選考通過作品数← ⼀次選考通過作品数← 応募作品数
※2 応募者からのお申出による

TOP