最終選考委員・アンバサダー(応援大使)

最終選考委員

  • いしいしんじ

    いしい しんじさん(作家)

    プロフィール
    1966年大阪市生まれ。京都大学文学部仏文学科卒。94年『アムステルダムの犬』(講談社)でデビュー。『麦ふみクーツェ』(理論社)で坪田譲治文学賞、『ある一日』(新潮社)で織田作之助賞、『悪声』(文藝春秋)で河合隼雄物語賞など著作多数。19年『マリアさま』(リトル・モア)、21年『源氏物語』の「京ことば」訳『げんじものがたり』(講談社)を刊行。現在、京都市在住。これまで「明倫レコード倶楽部」(京都芸術センター事業)のほか、京都の書店と連携したイベントに多数出演。ロームシアター京都オープニング事業「やわらかなかぐら」では初脚本を務めた。

  • 井上 荒野©三原久明

    井上 荒野さん(作家)

    プロフィール
    1961年東京都生まれ。成蹊大学文学部卒。1989年「わたしのヌレエフ」で第1回フェミナ賞を受賞し、デビュー。2004年『潤一』(マガジンハウス)で第11回島清恋愛文学賞、08年『切羽へ』(新潮社)で第139回直木賞、11年『そこへ行くな』(集英社)で中央公論文芸賞、16年『赤へ』(祥伝社)で柴田錬三郎賞、18年『その話は今日はやめておきましょう』(毎日新聞出版)で織田作之助賞を受賞。他の著書に『ママがやった』(文藝春秋)、『綴られる愛人』(集英社)、『あちらにいる鬼』(朝日新聞出版)、『ママナラナイ』(祥伝社)など多数。21年『百合中毒』(集英社)刊行。

  • 校條剛

    校條 剛さん(文芸評論家)

    プロフィール
    1950年東京都生まれ。73年早稲田大学第一文学部フランス文学科卒業後、新潮社入社。元「小説新潮」編集長。「日本推理サスペンス大賞」、「新潮ミステリー倶楽部賞」など複数の文学賞の創設を主導。2014年から19年3月まで京都造形芸術大学教授を務め、小説家やライターを目指す学生を対象とする「文芸表現学科」で教鞭をとる。著書に『ザ・流行作家』(講談社)、『作家という病』(講談社現代新書)、『にわか〈京都人〉宣言』(イースト・プレス)など。編著に『小説を書きたい人の本』(成美堂出版)がある。

 

アンバサダー(応援大使)

  • 綾辻 行人©迫田真実

    綾辻 行人さん

    プロフィール
    1960年京都市生まれ。京都大学教育学部卒、同大学院修了。87年に『十角館の殺人』(講談社)で作家デュー、「新本格ムーヴメント」の嚆矢となる。92年『時計館の殺人』(講談社)で第45回日本推理作家協会賞を受賞。『迷路館の殺人』『暗黒館の殺人』(講談社)など「館」シリーズと呼ばれる一連の長編が人気を博し、現代本格ミステリーを牽引する役割を果たす。他に『霧越邸殺人事件』『深泥丘奇談』『Another』(角川文庫)などの著作がある。18年度には第22回日本ミステリー文学大賞を受賞。20年9月『Another 2001』(KADOKAWA)刊行。

  • 川越 宗⼀©文藝春秋写真部

    川越 宗一さん

    プロフィール
    1978年鹿児島県生まれ、大阪府出身。京都市在住。龍谷大学文学部史学科中退。2018年『天地に燦たり』(文藝春秋)で第25回松本清張賞を受賞しデビュー。短篇『海神の子』(「オール讀物」同年12月号掲載)が日本文藝家協会の選ぶ「時代小説 ザ・ベスト2019」(集英社文庫)に収録。19年8月刊行の『熱源』(文藝春秋)で第10回山田風太郎賞候補、第9回本屋が選ぶ時代小説大賞受賞、第162回直木賞受賞。20年には同作で本屋大賞ノミネート。20年3月「京都市文化芸術きらめき賞」受賞。

  • 澤⽥ 瞳⼦

    澤田 瞳子さん

    プロフィール
    1977年京都府生まれ。同志社大学文学部卒、同大学院文学研究科博士前期課程修了。奈良仏教史の研究に携わった後、2010年『孤鷹の天』(徳間書店)で小説家デビュー。翌年、同作で第17回中山義秀文学賞を最年少受賞。12年の『満つる月の如し 仏師・定朝』(徳間書店)で第2回本屋が選ぶ時代小説大賞、第32回新田次郎文学賞を受賞する。16年、『若冲』(文藝春秋)で第153回直木賞候補となり、翌年、同作で第9回親鸞賞を受賞。20年、京都市芸術新人賞受賞。21年、『駆け入りの寺』(文藝春秋)で第14回舟橋聖一文学賞。他の著書に『火定』(PHP研究所)、『落花』(中央公論新社)、『能楽ものがたり稚児桜』(淡交社)など。21年5月『星落ちて、なお』(文藝春秋)刊行予定。同志社大学客員教授。

  • 藤野 可織

    藤野 可織さん

    プロフィール
    京都市生まれ。同志社大学大学院修士課程修了。出版社勤務を経て、2006年『いやしい鳥』(『いやしい鳥』河出文庫)で文學界新人賞受賞。13年『爪と目』(『爪と目』新潮文庫)で第149回芥川賞受賞。同年、京都市文化芸術表彰(きらめき賞)を受賞。14年『おはなしして子ちゃん』(講談社文庫)で第2回フラウ文芸大賞受賞。16年京都府文化賞奨励賞受賞。他の著書に『ドレス』(河出文庫)、『私は幽霊を見ない』(KADOKAWA)、 『ピエタとトランジ〈完全版〉』(講談社)、『来世の記憶』(KADOKAWA)など。

  • 望⽉ ⿇⾐

    望月 麻衣さん

    プロフィール
    北海道出身。2013年から京都に移り住む。同年、インターネットの小説投稿サイト「エブリスタ」で第2回電子書籍大賞を受賞。主婦の友社にて書籍デビューを果たす。『京都寺町三条のホームズ』(双葉文庫)が16年度の第4回京都本大賞を受賞し、漫画化、テレビアニメ化される。他の著書に『わが家は祇園の拝み屋さん』(角川文庫)、『京洛の森のアリス』(文春文庫)、『太秦荘ダイアリー』(双葉文庫)、『託された子は、陰陽師!?』(ポプラ文庫ピュアフル)、『満月珈琲店の星詠み』(文春文庫)、『二宮ナズナの花嵐な事件簿』(角川文庫)など。21年4月『空色DAYS』(ポプラ社 キミノベル)刊行。

※最終選考委員、アンバサダーのプロフィールは、令和3年4月30日時点

TOP